婚前契約のよくあるご質問

婚前契約の相談として、ご質問いただくことがあります。

「結婚してからでもいいの?」

→ 契約に法的拘束力を持たせたい場合は、婚姻届けを出す前に文書にしましょう。

 

本当によく聞かれる質問です。

「娘が今年結婚したんです。」と親御様から質問をお受けすることもあります。

そして、質問者の多くが、法的拘束力のある契約書の作成を希望されています。

 

 

結婚前に契約する意味

 

実は、

結婚後に夫婦で締結した契約は、婚姻中、いつでも夫婦の一方から取り消すことができる(※)と定められています。(民法754条)

そのため、正式な契約(法的拘束力のある契約)にしたいのなら、婚姻届けを出す前に、契約する必要があるのです。

 

もちろん、結婚後に契約書を作成することも、幸せな結婚生活を維持するためには、とても有益です!

数年に一度は見直して、状況に合わせて更新していく、という活用方法もあるくらいです。

 

ただし、結婚後に夫婦で締結した契約の場合、一方から取り消されてしまうおそれがある…

つまり、入籍後にじっくり相談して、立派な文書に押印・サインをしても、数年後に、「やっぱり、や~めた!」と夫婦の一方が主張したら、契約としては、無かったことになってしまうのです!

 

だからこそ、婚姻届けを出す前に契約することに意味があるのです。

婚姻前に契約を結んだ場合は、結婚後(婚姻中)に一方から取り消されてしまう心配はありません。

 

結婚前は何かと忙しくなります。

両家の顔合わせ、結婚式や新婚旅行の手配、仕事の段取り、新居への引っ越し、住所変更などの手続き…と、あわただしく時間が過ぎていきます。

 

「落ち着いてから、ゆっくり話し合おう」

という考えでは後悔してしまうことも…。

 

 

(※)第三者の利益を害する場合はや、婚姻関係が破たんした後には取り消しできない場合があります。

 

 

結婚が決まったら、すぐに!

 

結婚生活や将来の目標について誠実に話し合うためには、皆様が想像している以上に時間を要します。

 

結婚が決まったら、早急に婚前契約についてご検討いただきたいのです。

♦「何をすればいいか、わからない。」

♦「忙しいから効率的に進めたい。」

♦「しっかりとプロのサポートを受けて作成したい。」

という方には、ご希望に合わせて、サポートいたします。

どうぞ、お気軽にご相談ください。