「婚前契約書」のことを、話題にするだけでも意味がある。

・どんな夫婦になりたいのか?

・将来の目標は?

・心配なこと、不安に思っていることはどんなこと?

・子供は欲しい?

・両親との同居について考えてる?

…などなど、それぞれのカップル、ご夫婦、ご家族によって考え方や状況は様々です。

そして、当然のことながら、あなたのパートナーは、あなたとは別の家庭で育ち、違う環境で成長してきたのです。

どんなに愛し合うお二人にも、考え方(=価値観)の違いがあるものです。

それでも、

「しっかりパートナーのことを理解しているからこそ結婚するの。私たちは、大丈夫♥

と思いがちです。

多くのカップルが、末永く幸せに…と決意して結婚します。

しかし、残念ながら結婚生活を継続できなくなるご夫婦が、数多くいらっしゃることも事実です。

ご縁があって、せっかく結婚できたにもかかわらず、心痛の想いで離婚を選択する皆様のご相談をお受けしてきました。

その多くは、コミュニケーション不足が原因となっていることが明らかです。

結婚する時点で、お互いを十分に理解しあっていたはずなのに、どうして…?

さまざまな問題を抱えながらも、結婚生活を継続しているご夫婦と何が違うのか?

離婚したご夫婦の多くは、「結婚生活について話し合ったことが無い。」という感覚をお持ちです。

逆に、結婚前にたっぷりと、時にはバトルしながらも具体的な将来像について意見し合った経験のあるご夫婦は、山あり谷ありの結婚生活を共に歩まれている場合が多いのです。

婚前契約を話題にするメリット

あなたが気になっていること、例え漠然とした不安であったとしても、二人で共有できること。

「ちょっと気になっている」ってことを、パートナーにも知っておいてもらうことが大切なのです。

解決を焦る必要はありません。

今は課題として共有しておけばいいのです。先は長いのですから…。

婚前契約書の話題をきっかけに、結婚生活のシュミレーションをしていく中で、これまで気づかなかった、お互いの意外な一面を発見してみませんか?